140字法律学

法律書等を読んで,理解し覚えられるように140字以内にまとめています。

刑法総論/ 違法の意識の可能性 (短文5ヶ)

注) 制限責任説により,違法の意識の可能性を責任阻却事由と位置づけた場合

―――――

f:id:right_droit:20190729161506p:plain

―――――

平野龍一『刑法概説』(1977年)の責任(S)理解。
#犯罪とは_構成要件に該当する違法で有責な行為
構成要件(TB)は,#違法行為の類型
犯罪成立の一般的要件(原則的要件),#TB該当性とS要件をみたし(犯罪類型),犯罪阻却事由たる,#違法性阻却事由とS阻却事由がなければ,犯罪成立。

[同書27,28,33,47,71,91,『刑法 総論Ⅰ』(1972)105,『刑法 総論Ⅱ』(1975)209,など参照]

f:id:right_droit:20190831230109p:plain

 

テキスト形式 tl.gd/n_1sqv7ih

©2019@right_droit

ツイフィール:  http://twpf.jp/right_droit3

ツイッター: https://twitter.com/right_droit3 https://twitter.com/right_droit

 

刑法総論/ 故意 (故意の認識対象・認識内容; 確定的故意, 認識のある過失との境など) - 140字法律学