法的主体(民法総則)

民法に関し140字以内にまとめ、①法的判断枠組み、②事実の分析・評価に区分。 twitter.com

ーーーーー

 

[総則]
〔主体〕
民法総則3/ 360/
権利能力なき社団は、#団体としての組織をそなえ、#多数決原則が行われ、#構成員の変動にかかわらず団体そのものが存続し、#代表の方法_総会の運営_財産の管理その他団体としても主要な点が確立していることを要する。その代表者により社団の名で構成員全体のため権利を取得し、義務を負担する。
 最判昭39・10・15民集18-8-1671(『判例プラクティス民法Ⅰ』〔40〕44頁)参照。[法的判断枠組み(法的概念の要件・効果)]